高く買い取ってもらえる家電製品の特徴は?

10年ほど前に「特定家庭用機器再商品化法」が施行されたのです。
記憶にない人もいるかもしれませんが、一般的には「家電リサイクル法」と呼ばれるものです。
日本の法律名って本当にややこしいですね。
別名で説明するぐらいならば最初から分かりやすいネーミングをつけるべきだと思いますがセンスが悪いです。
今回は【高く買い取って貰える家電製品の特徴は?】についてお話しましょう。

「家電リサイクル法」による影響

リサイクルショップで家電製品を高く買取してもらえなくなったのです。
その原因はどこにあるのでしょうか?
リサイクルショップが家電を買い取っても売れるとは限りません。
売れ残った場合は処分台が余計にかかるからです。

リサイクルショップに家電製品を売りに出すときの注意

<その家電製品が高くうれるかどうか>――その見極めが重要です。
高く買い取っても貰えないものの特徴は(1)性能が劣っているもの(2)購入したときの料金が安いものです。
こういった家電製品は処分代金と相殺してタダで引き取って貰うのが関の山でしょう。

高く買取してもらえる可能性がある家電製品の特徴

(1)需要の高い製品(2)まだまだ現役で使える性能がある製品です。
季節によりますが電子レンジ・洗濯機はニーズが高くなる時期があります。
液晶テレビなどの高額家電は人気が高いです。

まとめ

初めから家電製品が高額で売買されているか判断できません。
どうすればいいのでしょうか?
1番目はリサイクルショップのホームページを参考にすることです。
2番目はリサイクルショップの店頭をときどき訪れることです。
その時々のトレンドを確認しながら判断しましょう。

パソコン・携帯電話・スマートフォンのリサイクルポイント

情報化時代・インターネット時代の中に私達は生活をしています。
生活に不可欠になっているパソコン。
毎月のように新しい機種が発売されます。
古くなったものはすぐに価値がなくなって廃れます。
消耗品になってしまっているのです。

パソコンと同じ運命の携帯電話やスマートフォン

このようなツールは古くなってしまうとニーズもなくなります。
また個人情報の宝庫ですから簡単に売るのは危険すぎます。
結局のところ自宅に転がっている人も多いのではないでしょうか?

適切な場所で引き取って貰おう!

まずはパソコンの場合です。
PCリサイクルマークが付いたパソコンかどうか確認しましょう。
付いていればメーカーに申込みましょう。
不要なパソコンを回収してくれます。

スマートフォンや携帯電話の場合はどうでしょうか?
これは携帯電話会社の店頭に持参すれば無料で引取していただけます。
中にはいろいろな特典があることも……。

まとめ

信頼できるところであればハードディスクをキチンと処理してくれます。
データが漏洩することもありません。
<高く買い取りますよ!>と怪しげな業者に売らないことが大切です。

効果的な家電リサイクルの方法

家電をリサイクルすると無駄が省けます。

・新製品が発売されて購入した
・データ容量が不足
・別バージョーンの新製品を購入した

いろいろな事情で、まだまだ使える家電製品が眠っているシーンは多い

家電製品は使わないとトラブルがでてきます。
使おうとしても動かないという経験をしたこともあるでしょう。

利用しないならば…

今使っている製品が販売されているバージョンならばすぐにアクションしましょう。
家電リサイクルショップでも高値で売れる可能性があります。
時期がすぎると買取してもらえなくなります。

早めにリサイクルすべき!

リサイクルに出した場合には動作チェックをして査定をされます。
オークションに出すのも方法としてはあります。
ですが配送途中で動作不良になったりすることもあります。
購入したのに壊れている商品だった。
そんなトラブルを回避できます。

まとめ

新商品を購入したら旧商品は不要になります。
査定金額などこだわらなくていいでしょう。
リサイクルを目的に考えればいいだけです。
次に使う人が気持ち良く使えるためには早めのリサイクルがいいのです。

不要になった古着などの衣料品リサイクル

皆さまは不要になった洋服をリサイクルに出したり古着を買ったりすることはあるでしょうか?
古着屋さんに顔をちょくちょく出したりするのですが、意外と掘り出し物があったりしてニッコリしたりすることが多いです。
世の中には衣料リサイクルのシステムを利用している人は多いようです。

購入するだけでなく着なくなってクロゼットに眠っている洋服をリサイクルしよう!

<断捨離>がブームです。
安いファストファッションの店舗がそこら中にあります。
トータルコーディネートで揃えても10,000円でお釣りがくる時代です。
新品でもこの値段なのです。

<古着なんで誰も着ないでしょう!>――そう思うのは早計です。

ファッションは時期や年齢や自分の気持ちの表現手段です。
自分では着なくても、他の誰かがには大切な貴重なものかも知れませんよ。

1年間袖を通さなかった服は今後も着ないでしょう!

素材の状態が良い時期にリサイクルに出して査定してもらってはどうですか?
クロゼットをチェックしてみて、着ることがない洋服が半分ほどあれば危険信号です。
そんな状態ならば新しい服を買うモチベーションもなくなります。
結果女子力が低下してお洒落度が落ちるのです。

まとめ

衣料リサイクルは春夏秋冬に連動します。
季節の初めに持参するのがベスト!
ニーズが高まってくるタイミングで高めに査定してくれます。
定期的に自分の服を確認して時期を逃さないことが重要です。

いらなくなった洋服をリサイクルしたほうがいいの?

リサイクルをしようと思ったら、ニーズがあるのかどうか?を考えましょう。
取引が成立するには引き取り手にメリットがあることです。
例えばリサイクルショップはニーズの高い商品は買い取り金額も高いでしょう。

商品のニーズは変化するもの!

特に今回のテーマとして上げている洋服・ファッションはニーズが変化しやすいカテゴリーです。
季節に応じた服は、それだけでニーズが高くなります。
ブランド商品ならば新しければ新しいほどニーズが高いです。
ファッションはトレンドによってもニーズが変化します。

洋服をリサイクルする場合に注意したいこと!

その洋服にニーズがあるかどうかを見極めることが大切。
場合によってはニーズが高まるまで売りに出さないでストックすることも必要です。
買い手が必要としているタイミングで売りに出したほうが相互にメリットがあります。

ヤフオクを利用しよう!

最も人気があるのがYahoo!オークションです。
不用品を気軽に売りたい場合には利用価値があります。
近頃は入札も無料でできるようになりました。
入札するハードルが低くなっているのです。

入札する人達が増えることによって競争率はグンとアップするのです。
落札価格も高値になることが期待できます。
もちろんオークションですから、思っていた金額に達しないこともあるでしょう。
けれども考えてもみなかった高値がつくこともあります。

ヤフオクを利用する場合の注意

落札者が決まればネット上で連絡をして入金や発送を進めます。
ネットバンキングや宅配集荷サービスを利用するとスムーズです。
自宅にいながら不用品を売却できるので重宝します。

落札したあとは個人と個人の取引になります。
トラブルにならないように慎重に取引を進めてゆきましょう。
当初は取引回数が少ないです。
このことによって信頼度の目安の<評価>はゼロからのスタートです。
購入者には警戒されるかもしれませんのがデメリットです。
出品する前に、数回購入者として落札すると良いでしょう。

リサイクル商品を買う場合に注意したこと

資源を再利用することをリサイクルと言いますが、日本人の<もったいない精神>を如実に表している行為です。

リサイクルはいらなくなった品物を買い取りしてもらうだけではありません。
不用品の中でも利用価値があると思ったら生活に取り入れてゆきましょう。
売るだけでなく買うこともリサイクル活動の一環です。

生活の中に中古品を取り入れて上手に活用する

リサイクルショップがあちらこちらにあります。
不用品を買い取りしてくれるだけではありあせん。
誰かが売った不用品を購入することもできます。
中には掘り出し物なんて見つかることもあるでしょう。

料金が安いのがリサイクルの魅力!

新品と比較して半額程度で販売されていることもあります。
商品を購入してほとんど利用されていないものなどはお得感満載です。
ジャンク品で使い物にならないもの以外ならば購入してみましょう。
中古品の利用については抵抗感がある人もいるでしょう。
ですが使ったことがないからと言って尻込みするのは勿体ないです。

品物の状態を見極めるこれが購入のポイント!

傷が多少あっても価格が安ければ購入してもいいでしょう。
日常的に使用しても耐えられる状態ならば価値があります。
使っていれば傷など付いてきますから……。

反対に買わない方が良いのは安くても粗悪な品物です。
値段が安いから何でも中古品を購入しようではアウトです。

まとめ

中古品は良いところもありますし悪いところもあります。
大切なことは買い物をする場合に中古品も選択肢の一部として視野にいれておくことです。

フリーマーケットで販売する場合のポイント

リサイクルショップを利用する場合にデメリットがあります。
・商品によっては買い取りしてくれない
・安く買いたたかれる
古い――それだけでまだまだ現役で使えるモノもあるはずです。
利用価値がある商品はあるのです。
そういった場合はフリーマーケットで販売するという選択肢もあります。
今回は【フリーマーケットで販売する場合のポイント】についてお話をしましょう。

準備が大変なフリーマーケットだけど…

けれども色々な品物を販売できるのはリサイクルショップと大きく違うところです。
販売価格も自分の裁量で付けることができます。
場合によってはリサイクルショップよりも儲かる可能性もあります。

勝ち組になるポイントはココ!

・オープンする前の準備を綿密に!
・綺麗な状態で商品を並べる
・商品の売値を決定しておく
・買い物袋やお釣りを用意する
普通の店舗でもそうですが、段取りの悪いお店では買い物をしてくれません。
買う気満々で来場するお客さまをいち早くゲットしましょう。

まとめ

マンツーマンでしっかりとコミュニケーションをとりながら販売できるのがフリーマーケットの強味です。
もちろん高額で購入していただけるとラッキーです。
それよりも自分の使っていたものを大切にしてくれそうな人に使っていただくのがうれしいです。

パソコンをリサイクルする場合のポイント

パソコンが不要になったり買い替えたりする場合には<パソコンをリサイクル>するのが良いでしょう。

毎年のように新機種が発売されます。

ヘビーユーザーならば2年おきのサイクルで買い替えしているかもしれません。

全体のサイズも小さくなっております。

ノートパソコンならば外出先でも利用します。

インターネット環境があれば便利なのです。

機能も充実していますね。

最新機種でも下取り可能

動作が問題なければ大丈夫です。

数年以内の機種ならば多少の不具合があっても専門家がきちんと修理してくれます。

例えばキーボードの動きがイマイチであるとか充電器の接触が悪いとかです。

修理すれば、また使う事も可能です。

下取りに出せば、中古マーケットで特価品として中古で販売してくれるのです。

廃棄処分の費用も不要

リサイクルで下取りしてもらえばコストセーブにもなります。

使っているときからリサイクルを意識して大切にしましょう。

リサイクルに出す時も状態を説明して査定して貰えます。